メールマガジン 第64号

ひたちものづくりサロン メールマガジン ◇第64号 2017/02/13発行

********* 今 月 号 の 目 次 **********
【☆】HMSホームページURL変更のお知らせ
【1】今月のトピックス
【2】茨城大学公開特許紹介
【3】イベント情報掲示板
【4】ぴたっとラジオンアーカイブコーナーのご案内
【5】HMS賛助会員数報告
【6】編集後記
【7】事務連絡



★ 【☆】HMSホームページURL変更のお知らせ ★

 ひたちものづくりサロンのホームページのURLが変更になります。
新しいURLは http://hms.scc.ibaraki.ac.jp/ です。

お手数ではございますが、お気に入りやブックマークに登録されている方はご変更をお願いいたします。

※3月以降は、旧URL(http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/)にアクセスした場合、新URLに自動転送されます。



★ 【1】今月のトピックス ★

  大寒を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いております。皆様お元気でお過ごしでしょうか?
 日立地区産業支援センターでは、今年度から6次産業化・農商工連携推進をめざした事業を
進めておりますが、今年度の総まとめとしまして、「スマート農業シンポジウム」を実施いたします。
ものづくりの都市である日立市らしく、最先端技術を活用した、新たな農業の可能性を考える
シンポジウムです。農業における工業技術の活用や、スマート農業の推進施策などの講演の
ほか、パネル展示企業による先進的な取り組み事例の紹介があります。

 ・日時 : 平成29年3月16日 (木) 12:00~17:00
 ・場所 : ホテル テラス ザ スクエア日立

 詳細は日立市のホームページ(準備中)などでご案内しますので、ぜひご参加ください。
 それでは、HMSメールマガジン2月号をお届けいたします。



★ 【2】茨城大学公開特許紹介 ★

■茨城大学ではここに掲載しております特許を企業の皆様にご活用頂ける機会を探しております。
これらの特許にご興味がございましたら、どうぞ下記窓口までご連絡下さい。
http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/patent-list.html

【お問い合わせ】
茨城大学 社会連携センター 知的財産部門
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
Tel:0294-38-7281 Fax:0294-38-5240
E-mail:chizai@ml.ibaraki.ac.jp


★ 【3】イベント情報掲示板 ★

■FMひたち番組「ぴたっとラジオン」
〔2月以降の放送予定〕82.2MHz
・2月 2日(木) 19:00~19:30
学生トーク
・2月 9日(木) 19:00~19:30
株式会社エース自動車 斉藤智一専務取締役へのインタビュー(1)
・2月16日(木) 19:00~19:30
株式会社エース自動車 斉藤智一専務取締役へのインタビュー(2)
・2月23日(木) 19:00~19:30
地域コミュニティ「ヒタチモン大學」 菅原広豊学長へのインタビュー(1)
・3月 2日(木) 19:00~19:30
地域コミュニティ「ヒタチモン大學」 菅原広豊学長へのインタビュー(2)


■NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)からのお知らせ
 NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、ナショナルプロジェクトや
エネルギーのイメージが先行しているため、誤解されている方が多いのですが、日本最大級の
公的研究開発マネジメント機関として、経済産業行政の一翼を担い、「エネルギー・環境問題の解決」
および「産業技術力の強化」の二つのミッションに取り組む国立研究開発法人です。
 その中には、数年前から「研究開発型ベンチャー・中小・中堅企業向け支援メニュー」が用意されています。
 これは、起業家に対する支援および中小・中堅企業のシーズ(あるいは大学等のシーズ)の実用化・
事業化に向けた支援で、フェーズに合わせ様々な制度があります。

  その具体的な内容は、NEDOのホームぺージ(http://www.nedo.go.jp/)の左側欄の中ほどにある
「研究開発型ベンチャー・中小企業向け支援」をクリックすると、資料ダウンロード、イベント情報、
各支援プログラム等の案内が出てきます。
http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP2_100063.html?from=b

 この中の資料ダウンロードの「ベンチャー・中小・中遠企業向け支援事業の紹介」をクリックすると、
その説明資料となります。
http://www.nedo.go.jp/content/100795756.pdf

 これらの制度説明や応募支援が必要の際には、茨城県担当の新技術調査委員がおりますので、
ご連絡いただけたらと思います。

連絡先 → 氏 名 : 岸 敦夫
       メール : a20-ks@yc5.so-net.ne.jp
       電 話 : 090-4848-8337


■「茨城県よろず支援拠点 個別相談会(日立サテライト拠点)」のご案内
 茨城県中小企業振興公社では、このたび、茨城県よろず支援拠点の【日立サテライト拠点】を
「日立地区産業支援センター」に開設しました。
 開設に伴い、毎月「個別相談会」を開催しますので、お気軽にご相談くださいますようご案内
させていただきます。

日  時 : 9月29日(木)、10月20日(木)、11月25日(金)、12月22日(木)
       1月26日(木)、2月23日(木)、3月23日(木)
       ※いずれも9:00~16:00
会  場 : 日立地区産業支援センター 第5研修室(日立市西成沢町2-20-1)
相 談 料 : 無料
申込方法 : 以下のURLにある相談申込書に必要事項を記載のうえで、FAXにてお申し込みください。
        後日、担当者から詳細のご連絡をさせていただきます。
そ の 他 : 相談は予約制となっております。
U R L : 茨城県よろず支援拠点→http://yorozu-ibaraki.jimdo.com/
      日立サテライト拠点チラシ→http://www.hits.or.jp/topics/H28hitachi_satellite.pdf
【お申し込み・お問合せ先】
公益財団法人茨城県中小企業振興公社 茨城県よろず支援拠点
(担当:栗橋、小島)
〒310-0801 水戸市桜川2-2-35(茨城県産業会館9階)
TEL:029-224-5339 FAX:029-227-2586
E-mail:sien@iis-net.or.jp


■茨城大学理学部研究室訪問交流会のご案内
 茨城大学では、茨城産業会議との産学連携事業として、茨城大学研究室訪問交流会を
毎年行っています。今年度は、3月3日(金)、理学部研究室の訪問交流会を実施します。
特別講演会や実験室・研究室・最新機器の紹介、ポスター発表懇親会、学生の就職状況の
紹介などを通して、大学のシーズの提供・情報交換を行います。
 また、今回はじめての試みとして、本学の人文系分野の取り組みも知っていただくため、
人文学部研究室の学生・教員による発表も予定しています。
 皆様のご参加をお待ちしています。

【日時】 2017年3月3日(金) 13時30分~17時40分 (13時~K棟玄関ホールで受付開始)
【会場】 茨城大学理学部 K棟1階 インタビュースタジオ アクティブラーニング・スペース
     (茨城県水戸市文京2-1-1)
【参加対象者】 産業界、行政関係者、市民の方々
【参加費】 無料(事前申し込み必要)※一部のみの参加も可能です。
主催 : 茨城産業会議、茨城大学
詳細は下記ホームページをご覧ください↓
http://www.ibaraki.ac.jp/events/2017/02/011106.html



★ 【4】ぴたっとラジオンアーカイブコーナーのご案内 ★

  ひたちものづくりサロンのホームページに専用コーナーを開設し、日立市近隣の
多彩な経営者の方に学生がインタビューする番組、FMひたち「ぴたっとラジオン」
「そうだ社長になろう」コーナーの録音ファイルのアーカイブ化を行いました。
 次のURLからIDとパスワードを入力すると今までご出演頂いた方々の顔写真に
添えてMP3ファイルのダウンロードができるページが開きます。
是非一度アクセスしてみてください。

ぴたっとラジオンアーカイブコーナーURL:
http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/pita.html
録音ファイルダウンロード用URL:
http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/pitaradi/
ID:PITARADI パスワード:hmshacho

  なお、ダウンロード用URLは著作権保護のためHMS会員専用といたしますので
一定期間経過後はぴたっとラジオンアーカイブコーナーからIDとパスワードは削除
させていただき、本メールマガジンの中でのみ公開とさせていただきます。



★ 【5】HMS賛助会員数報告 ★

  賛助会員の募集を開始してから現在までに18社からのお申込みをいただいております。
 皆様の浄財を少しでも地域活性化に活かす為、賛助会員費(一口2万円)を1社でも多く
ご協力頂きたくお願い申し上げます。
  今年度も当サロンへのご指導・ご協力をよろしくお願いいたします。

■HMS賛助会入会のメリット
1.産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンスが増大します。
2.大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。
3.コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決されます。
4.賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引特典があります。
5.賛助会員の企業・団体には茨城大学より参画官連携に関するシーズ集、広報誌ほかをお届けします。

■加入申込み・問合せ先
茨城大学社会連携センター日立分室(旧:産学官連携イノベーション創成機構)
産学連携課内 HMS事務局
TEL:0294-38-5005
詳細は下記ホームページをご覧ください。
http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/index.html#about



★ 【6】編集後記 ★

  1月の大相撲初場所で大関稀勢の里が初優勝し、72代横綱に昇進しました。19年ぶりの
日本人横綱の誕生で、茨城県出身の横綱としては、81年前の男女ノ川関以来だそうです。
 私が小学校のころ、祖父が相撲好きで、学校から帰ると幕の内土俵入りの拍子木の音が、
テレビを見ている祖父の部屋から聞こえてきた思い出があります。ちなみに、祖父は清国、
私は陸奥嵐のファンでした。

  古くからの伝統を大切にする相撲界ではありますが、やはり時代の流れの中で少しずつ変化
しているようです。かつて千秋楽結びの一番といえば、立ち合い、指し手争いのあと、土俵中央で
がっぷり四つになって場内割れんばかりの拍手、という一連の流れが約束事のように繰り返されて
いました。年に6度の本場所の最後を飾るにふさわしい、また横綱同士の大一番としてあるべき
姿を演出し、観客側もそれを楽しんでいたのだと思いますが、諸般の事情により、そういったことが
許容されない世の中になってきたということでしょうか?

 そんな愚痴はともかく、来場所からは新横綱稀勢の里が大いに活躍して、黄金時代を築いて
くれることを期待したいと思います。

HMS幹事
HITS
田中 正浩



★ 【7】事務連絡 ★

■本メールマガジンにてHMS会員様向けに周知したい案をお持ちの事業者様は是非、
下記メールアドレス宛にご連絡ください。
HMS事務局:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

■HMSのホームページから、ひたちものづくりサロンメールマガジンのバックナンバーが確認できます。
皆様、ぜひご活用くださいませ。
※アクセスには参照用(下記)のID・パスワードが必要になります。
ID:hms-mail
Pass:maga2012
HMSメールマガジンバックナンバー
URL:http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/back/backtop.html

***********************************************************
発行者:ひたちものづくりサロン事務局
茨城大学 社会連携センタ―日立分室 産学連携課
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
TEL:0294-38-5005 FAX:0294-38-5240
E-mail:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

※このメールマガジンの回覧・転送は自由です。内容の引用・転載の際には、
「ひたちものづくりサロンメールマガジン ○年○月○日発行分の記事」と注釈を
入れてください。
  尚、メールマガジンで参照しているWebサイトのすべての画像・記事に
ついては、著作権法に定める例外を除き、著作者の許可なく使用・転載する
ことはできません。
■本メールマガジンのバックナンバーはひたちものづくりサロンのホームページ
上で公開しています。
■配信の解除、配信先の変更は下記事務局までメールでお知らせください。
E-mail:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
**************************************************************

このページの先頭へ