メールマガジン 第56号

ひたちものづくりサロン メールマガジン ◇第56号 2016/6/10発行

********* 今 月 号 の 目 次 **********
【1】今月のトピックス
【2】茨城大学公開特許紹介
【3】イベント情報掲示板
【4】ぴたっとラジオンアーカイブコーナーのご案内
【5】HMS賛助会員数報告
【6】編集後記
【7】事務連絡

★ 【1】今月のトピックス ★

 今月は,工業技術センターの話題を2つご紹介します。

①「茨城県産学官合同成果発表会」について
 新たな発見! ベンチャー企業を生み出す底力! 最新機器もお見せします!
 工業技術センターでは,毎年恒例の成果発表会を県内の産業支援機関や大学との
共催により,7月6日(水)に開催します。
 産学連携の成功事例や新規事業,ベンチャー企業紹介を中心に発表するほか,
産業相談会や設備見学なども実施します。特に設備見学については,今回から内容を
リニューアルし,最新機器コースと試験・検査コースの2種類のコースを設けました。
 ぜひ,みなさまのご参加をお待ちしております。

 日時:平成27年7月6日(水)10:00~16:50
場所:茨城県工業技術センター(茨城町長岡3781-1)

②「研究開発人材育成研修」について
 工業技術センターでは,今年度新たに,基礎課程と応用課程の2コースからなる
研究開発人材育成研修を実施します。基礎課程では,研究開発の基礎となる知識や
手法などの修得,応用課程では,軽量化技術や解析などの分野において,企業の
具体的な課題を持ち込み,センターと共同研究を進める中で人材の育成を支援する
ものです。
 募集時期等の詳細については,工業技術センターにお問い合わせください。

(お問い合わせ先)
茨城県工業技術センター 産業連携室
TEL 029-293-7213  FAX 029-293-8029
renkei2@kougise.pre.ibaraki.jp
http://www.kougise.pref.ibaraki.jp/

★ 【2】茨城大学公開特許紹介 ★

■茨城大学が公開している特許を紹介いたします。
是非ご活用ください。
http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/patent-list.html

【お問い合わせ】
茨城大学 社会連携センター 知的財産部門
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
Tel:0294-38-7281 Fax:0294-38-5240
 E-mail:chizai@ml.ibaraki.ac.jp

★ 【3】イベント情報掲示板 ★

■FMひたち番組「ぴたっとラジオン」
〔6月の放送予定〕82.2MHz
・6月16日(木) 19:00~19:30
    これまでのインタビューの再放送
・6月23日(木) 19:00~19:30
  これまでのインタビューの再放送
・6月30日(木) 19:00~19:30
  これまでのインタビューの再放送

★ 【4】ぴたっとラジオンアーカイブコーナーのご案内 ★

  ひたちものづくりサロンのホームページに専用コーナーを開設し、日立市近隣の
多彩な経営者の方に学生がインタビューする番組、FMひたち「ぴたっとラジオン」
「そうだ社長になろう」コーナーの録音ファイルのアーカイブ化を行いました。
 次のURLからIDとパスワードを入力すると今までご出演頂いた方々の顔写真に
添えてMP3ファイルのダウンロードができるページが開きます。是非一度アクセス
してみてください。

ぴたっとラジオンアーカイブコーナーURL:
http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/pita.html

録音ファイルダウンロード用URL:
http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/pitaradi/

ID:PITARADI   パスワード:hmshacho

  なお、ダウンロード用URLは著作権保護のためHMS会員専用といたしますので
一定期間経過後はぴたっとラジオンアーカイブコーナーからIDとパスワードは削除
させていただき、本メールマガジンの中でのみ公開とさせていただきます。

★ 【5】HMS賛助会員数報告 ★

  賛助会員の募集を開始してから現在までに18社からのお申込みをいただいております。
 皆様の浄財を少しでも地域活性化に活かす為、賛助会員費(一口2万円)を1社でも多く
ご協力頂きたくお願い申し上げます。
 今年度も当サロンへのご指導・ご協力をよろしくお願いいたします。
 
■HMS賛助会入会のメリット
 1.産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンスが増大します。
 2.大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。
 3.コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決されます。
 4.賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引特典があります。
 5.賛助会員の企業・団体には茨城大学より参画官連携に関するシーズ集、広報誌ほかをお届けします。

■加入申込み・問合せ先
 茨城大学社会連携センター日立分室(旧:産学官連携イノベーション創成機構)
 産学連携課内 HMS事務局
 TEL:0294-38-5005
  
 詳細は下記ホームページをご覧ください。
 http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/index.html#about

★ 【6】編集後記 ★

  県産業技術課の井坂と申します。間弓さんの後任です。どうぞよろしくお願いいたします。
 何を書けば良いのか迷いましたが,私はよくラグビーの試合を見に行くので,今回はラグビーの
お話を少々。この前ネットを見ていたら,ラグビー選手の身体能力がいかにすごいかという記事が
ありました。それによると,「体重100kg,体脂肪10%,ベンチプレス体重1.5倍,スクワット体重2倍,
1000m走3分30秒」,プロのラグビー選手は,パワー,体重,スピード,持久力で,これほど高い
能力を当たり前のように求められると。今は亡きニュージーランド代表(オールブラックス)のレジェンド,
ジョナ・ロムー選手は,身長196cm,体重119kgの巨体で,100mを10秒5で走り「暴走機関車」,
「空飛ぶ巨像」と呼ばれていました。
 みなさんも,両チーム合わせて30人の鍛え上げた選手が,トライを目指し80分間ぶつかり合う迫力を
現場で感じてみませんか。

HMS幹事
茨城県商工労働観光部産業技術課 
井坂 孝雄

★ 【7】事務連絡 ★

■本メールマガジンにてHMS会員様向けに周知したい案をお持ちの事業者様は、是非、
下記メールアドレス宛にご連絡ください。
 HMS事務局:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

■HMSのホームページから、ひたちものづくりサロンメールマガジンのバックナンバーが確認できます。
  皆様、ぜひご活用くださいませ。
※アクセスには参照用(下記)のID・パスワードが必要になります。
 ID:hms-mail
 Pass:maga2012
HMSメールマガジンバックナンバー
URL:http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/back/backtop.html

***********************************************************
発行者:ひたちものづくりサロン事務局
茨城大学 社会連携センタ―日立分室 産学連携課
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
TEL:0294-38-5005  FAX:0294-38-5240
E-mail:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
※このメールマガジンの回覧・転送は自由です。内容の引用・ 転載の際には、
 「ひたちものづくりサロンメールマガジン  ○年○月○日発行分の記事」と注釈を入れてください。
 なお、メールマガジンで参照しているWebサイトのすべての画像・記事については、著作権法に
 定める例外を除き、著作者の許可なく使用・転載することはできません。
■本メールマガジンのバックナンバーはひたちものづくりサロンのホームページ上で公開しています。
■配信の解除、配信先の変更は下記事務局までメールでお知らせください。
hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
**************************************************************

このページの先頭へ