メールマガジン 第54号

ひたちものづくりサロン メールマガジン ◇第54号 2016/4/15発行

********* 今 月 号 の 目 次 **********
【1】今月のトピックス
【2】茨城大学シーズ紹介
【3】イベント情報掲示板
【4】ぴたっとラジオンアーカイブコーナーのご案内
【5】HMS賛助会員数報告
【6】編集後記
【7】事務連絡

★ 【1】今月のトピックス ★

  年度があらたまり、新しい事業がスタートする季節を迎えました。
 日立地区産業支援センターでも、新年度の事業プログラムを開始しております。
 今年度は欧州地域への販路開拓を目指す企業様向けの商談支援や、6次産業化・
農商工連携の推進事業などの新規事業を進めてまいります。
 今月から新しいメンバーも加わり、フレッシュな顔ぶれで新たな事業分野に取り組んで
まいります。詳しくは日立地区産業支援センターのホームページをご参照ください。
 それでは、HMSメールマガジン4月号をお届けいたします。

★ 【2】茨城大学シーズ紹介 ★

■茨城大学が公開している特許を紹介いたします。
是非ご活用ください。
 http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/patent-list.html
【お問い合わせ】
茨城大学 社会連携センター 知的財産部門
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
Tel:0294-38-7281  Fax:0294-38-5240
E-mail:chizai@ml.ibaraki.ac.jp

★ 【3】イベント情報掲示板 ★

■FMひたち番組「ぴたっとラジオン」
〔4月の放送予定〕82.2MHz
・4月21日(木)  18:00~18:30
    学生トーク
・4月28日(木)  18:00~18:30
  学生トーク

★ 【4】ぴたっとラジオンアーカイブコーナーのご案内 ★

  ひたちものづくりサロンのホームページに専用コーナーを開設し、日立市近隣の
多彩な経営者の方に学生がインタビューする番組、FMひたち 「ぴたっとラジオン」
「そうだ社長になろう」 コーナーの録音ファイルのアーカイブ化を行いました。
 次のURLからIDとパスワードを入力すると今までご出演頂いた方々の顔写真に
添えてMP3ファイルのダウンロードができるページが開きます。是非一度アクセス
してみてください。

   ぴたっとラジオンアーカイブコーナーURL:
   http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/pita.html
   録音ファイルダウンロード用URL:
   http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/pitaradi/
   ID:PITARADI  パスワード:hmshacho

 なお、ダウンロード用URLは著作権保護のためHMS会員専用といたしますので、
一定期間経過後はぴたっとラジオンアーカイブコーナーからIDとパスワードは削除
させていただき、本メールマガジンの中でのみ公開とさせていただきます。

★ 【5】HMS賛助会員数報告 ★

  賛助会員の募集を開始してから現在までに18社からのお申込みをいただいております。
 皆様の浄財を少しでも地域活性化に活かす為、賛助会員費(一口2万円)を 1社でも多く
ご協力頂きたくお願い申し上げます。
 今年度も当サロンへのご指導・ご協力をよろしくお願いいたします。
 
■HMS賛助会入会のメリット
 1.産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンスが増大します。
 2.大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。
 3.コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決 されます。
 4.賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引特典 があります。
 5.賛助会員の企業・団体には茨城大学より参画官連携に関するシーズ集、 広報誌ほかをお届けします。

■加入申込み・問合せ先
 茨城大学社会連携センター日立分室(旧:産学官連携イノベーション創成機構)
 産学連携課内 HMS事務局
 TEL:0294-38-5005
  
 詳細は下記ホームページをご覧ください。
 http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/index.html#about

★ 【6】編集後記 ★

  「花粉症25年治癒説」・・・というものがあるのをご存知でしょうか?
 私自身、学生のころから春になると涙と鼻水で顔がごわごわになるほどの症状に悩まされて
きました。その頃は「花粉症」などという言葉もなく、また医者に見せるということも思いつかず、
ただしばらく我慢すればそのうち症状が収まることは経験的にわかっていたので、そういう体質
なのだろう、くらいに思っていました。そのうちに花粉症が社会問題として取り上げられるように
なって、杉の花粉が原因だったことを初めて知り、また同じように苦しんでいる人が大勢いること
がわかりました。
 その後もその年の花粉飛散量に比例したうっとうしい季節を過ごしてきたのですが、ある時期
から、徐々に症状が和らぎ、ここ10数年は、ちょっと鼻がムズムズする日が2~3日あるかないか、
といった状況です。ネットで調べてみると、やはり同じように永年の苦しみから解放された人達の
話題が上がっており、そうしたことから「25年治癒説」がささやかれているようです。
 要するに加齢とともに体の抵抗力が衰え、アレルゲンに対する反応が弱まっただけのことかも
しれませんが、今花粉症に悩まされている方々、あとちょっとの辛抱(たったの25年!)だと思って、
ガンバってください。

HMS幹事
日立地区産業支援センター(HITS) 
田中 正浩


★ 【7】事務連絡 ★

 ■本メールマガジンにてHMS会員様向けに周知したい案をお持ちの事業者様は、是非、下記メール
 アドレス宛にご連絡ください。
 HMS事務局:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

■HMSのホームページから、ひたちものづくりサロンメールマガジンのバックナンバーが確認できます。
 皆様、ぜひご活用くださいませ。
※アクセスには参照用(下記)のID・パスワードが必要になります。
 ID:hms-mail
 Pass:maga2012
HMSメールマガジンバックナンバー
URL:http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/back/backtop.html

***********************************************************
発行者:ひたちものづくりサロン事務局
茨城大学 社会連携センタ―日立分室 産学連携課
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
TEL:0294-38-5005  FAX:0294-38-5240
E-mail:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
※このメールマガジンの回覧・転送は自由です。内容の引用・ 転載の際には、
 「ひたちものづくりサロンメールマガジン  ○年○月○日発行分の記事」と注釈を入れてください。
 なお、メールマガジンで参照しているWebサイトのすべての画像・記事については、著作権法に
 定める例外を除き、著作者の許可なく使用・転載することはできません。
■本メールマガジンのバックナンバーはひたちものづくりサロンのホームページ上で公開しています。
■配信の解除、配信先の変更は下記事務局までメールでお知らせください。
hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
**************************************************************

このページの先頭へ