メールマガジン 第50号

ひたちものづくりサロン メールマガジン ◇第50号 2015/12/10発行

********* 今 月 号 の 目 次 **********
【1】今月のトピックス
【2】イベント情報掲示板
【3】FMひたち「ぴたっとラジオン」特別編のご紹介
【4】ぴたっとラジオンアーカイブコーナー開設のご案内
【5】HMS賛助会員数報告
【6】編集後記
【7】事務連絡

★ 【1】今月のトピックス ★

  去る11月25日、「ひたちものづくりフォーラム2015」が、130名を超える方々の
参加をいただき、盛況のうちに開催されました。今年は茨城大学・茨城キリスト教
大学の学生56名が出席し、地域企業経営者の方々と交流することで、地元にも
素晴らしい企業がたくさんあることを実感してもらえたものと思います。基調講演では、
(株)野上技研の野上社長より、「茨城発・グローバルニッチトップ企業を目指して」と
題してご講演いただき、ものづくりに対する熱い想いと、会社の将来を見据えた取り組みが
紹介されました。パネルディスカッションでは、これまでのフォーラムで議論されてきた、
「学生と企業経営者が交流できる場づくり」に関連して、茨城大学馬場工学部長より、
日立駅近隣に茨大のサテライトを設ける構想が紹介されました。フォーラム後半の交流会では
学生のグループがあちこちで社長さんを取り囲んで懇談する光景が見られ、交流会の終了後も、
ロビーで学生たちから質問攻めにあった方もおられた様です。

  こうした光景が日常的に見られるような「交流の場」があれば、地域の活性化にもつながる
のではないでしょうか。

★ 【2】イベント情報掲示板 ★

 ■FMひたち番組「ぴたっとラジオン」
 〔12月の放送予定〕82.2MHz
・12月10日(木)  18:00~18:30
  学生トーク
・12月17日(木)  18:00~18:30
  工学部電気電子工学科 鵜野先生へのインタビュー(1)
・12月24日(木)  18:00~18:30
  工学部電気電子工学科 鵜野先生へのインタビュー(2)

★ 【3】FMひたち「ぴたっとラジオン」特別編のご紹介 ★

  「今月のトピックス」では11月25日に開催された「ひたちものづくりフォーラム2015」
について紹介しましたが、関連して12月3日に放送されたFMひたち「ぴたっとラジオン」
の特別編についてご紹介します。

  ぴたっとラジオンは3年前の放送開始以来一貫して学生の自主企画によって運営されて
おります。12月3日の放送ではその特別版として同フォーラムのパネルディスカッションの
パネリストとして登壇した佐藤さん(ぴたっとラジオン「そうだ、、、」コーナーのインタビュアー)
による参加レポートと、同放送に関わる学生による関連トークが放送されました。内容は、
今回のパネルディスカッションの趣旨を踏まえて、学生の立場でどう感じたか、近隣企業との
立ち位置など率直な意見が出ています。ご参考用に下記URLに登録しましたのでご試聴いた
だければ幸甚です。

https://www.dropbox.com/sh/cad2pukag6eh9jc/AAC5V27TDodS5YlSLMtb3emga?dl=0

視聴方法:上記URLをクリックすると「FMひたち録音ファイル」というフォルダ内にMP3ファイルが
二つ表示されますのでそのファイルを開けば音声が出て来ます。一つ目は佐藤さんの報告、二つ目
は学生トークです。

★ 【4】ぴたっとラジオンアーカイブコーナー開設のご案内 ★

  ひたちものづくりサロンのホームページに専用コーナーを開設し、日立市近隣の
多彩な経営者の方に学生がインタビューする番組、FMひたち「ぴたっとラジオン」
の「そうだ社長になろう」コーナーの録音ファイルのアーカイブ化を行いました。
次のURLからIDとパスワードを入力すると今までご出演頂いた方々の顔写真に
添えてMP3ファイルのダウンロードができるページが開きます。是非一度アクセス
してみてください。

   ぴたっとラジオンアーカイブコーナーURL:

   http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/pita.html

   録音ファイルダウンロード用URL:

   http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/pitaradi/

     ID:PITARADI パスワード:hmshacho

  なお、ダウンロード用URLは著作権保護のためHMS会員専用といたしますので
一定期間経過後はぴたっとラジオンアーカイブコーナーからIDとパスワード
は削除させていただき、本メールマガジンの中でのみ公開とさせていただきます。

★ 【5】HMS賛助会員数報告 ★

  賛助会員の募集を開始してから現在までに19社からのお申込みをいただいて
おります。
 皆様の浄財を少しでも地域活性化に活かす為、賛助会員費(一口2万円)を
1社でも多くご協力頂きたくお願い申し上げます。
 また、賛助会員の皆様におかれましては、今年度分賛助会員費をお納めいただきまして
誠にありがとうございました。
 
■HMS賛助会入会のメリット
 1.産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンス
   が増大します。
 2.大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。
 3.コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決
   されます。
 4.賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引特典
   があります。
 5.賛助会員の企業・団体には茨城大学より参画官連携に関するシーズ集、
   広報誌ほかをお届けします。

■加入申込み・問合せ先
 茨城大学社会連携センター日立分室(旧:産学官連携イノベーション創成機構)
産学連携室内 HMS事務局
 TEL:0294(38)5005
  
 詳細は下記ホームページをご覧ください。
 http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/index.html#about

★ 【6】編集後記 ★

  我が家のオーディオセットの中に、D社製のレコードプレーヤーが、長らく
(多分30年近く)埃をかぶっていましたが、先日試しに電源を入れてみたところ、
なんとしっかり動作し、音も出ることが分かって、ちょっとした騒ぎになりました。
どこかにしまってあったレコードを取り出してきて針を落とすと、独特のノイズに
混じって、かつて何度も聞いた曲が流れてきます。久しぶりのアナログの音に浸って、
懐かしい時間を過ごしました。

  今どきのデジタル機器の音質に比べ、アナログ音の方が良いとか、いやそんなことは
ないとか、いろいろと熱い議論があるようですが、音質の優劣は別にして、一曲聞く
ごとに針の上げ下ろしが必要だったり、音量を変えるにもリモコンがないのでアンプの
ボリュームを調節するためにいちいち立ち上がらなくてはいけなかったり、そうした
使い勝手の方に隔世の感がありました。

  かつてオーディオブームというものがあったことをご記憶の方も多いと思います。
今では考えられないような高価格のオーディオ機器が世の中にあふれ、秋葉原は
ほとんどオーディオの街といった状況でした。そして、日本の主要メーカのオーディオ
機器が、世界の市場を席捲していたことも懐かしい記憶です。
我が家では、その後しばらくレコード鑑賞がブームになっていましたが、やはり
面倒なので最近は沙汰やみとなり、プレーヤーの蓋には、またうっすらと埃が
積もり始めています。

HMS幹事
日立地区産業支援センター(HITS) 
田中 正浩

★ 【7】事務連絡 ★


■本メールマガジンにてHMS会員様向けに周知したい案をお持ちの事業者様は
是非、下記メールアドレス宛にご連絡ください。

 HMS事務局:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

■HMSのホームページから、ひたちものづくりサロンメールマガジンのバック
ナンバーが確認できます。
皆様、ぜひご活用くださいませ。


※アクセスには参照用(下記)のID・パスワードが必要になります。

 ID:hms-mail
 Pass: maga2012

HMSメールマガジンバックナンバー
URL:http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/back/backtop.html


***********************************************************
発行者:ひたちものづくりサロン事務局
茨城大学 社会連携センタ―日立分室 産学連携室
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
TEL: 0294-38-5005 FAX: 0294-38-5240
E-mail: hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
※このメールマガジンの回覧・転送は自由です。内容の引用・
転載の際には、「ひたちものづくりサロンメールマガジン
○年○月○日発行分の記事」と注釈を入れてください。
なお、メールマガジンで参照しているWebサイトのすべての
画像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作者の
許可なく使用・転載することはできません。
■本メールマガジンのバックナンバーはひたちものづくりサロンの
ホームページ上で公開しています。
■配信の解除、配信先の変更は下記事務局までメールでお知らせください。
hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
**************************************************************

このページの先頭へ