メールマガジン 第22号

ひたちものづくりサロン メールマガジン ◇第22号 2013/8/9発行

********* 今 月 号 の 目 次 **********
【1】今月のトピックス
【2】茨城大学シーズ紹介
【3】重要なお知らせとお願い
【4】イベント情報掲示板
【5】HMS賛助会員数報告
【6】編集後記
【7】事務連絡

★ 【1】今月のトピックス ★

 8月に入って、二度目の夏が来たような猛暑の日々が続いておりますが、
皆様お元気でお過ごしでしょうか。
本年度(株)ひたちなかテクノセンターと(公財)日立地区産業支援
センターが共同ですすめております、「地域中小企業の人材確保・定着支援
事業」では、県下の国公私立大学や高専、商工会議所、ハローワーク及び
県行政機関のご協力をいただきながら、以下の3つのステップに亘り、事業
を展開しております。

STEP1:中小企業の人材確保・学生に対する動機づけ
・地域中小企業紹介サイト開設・企業見学ツアー・インターンシップなど。

STEP2:学生と地域中小企業をつなげるマッチング
・学生向け会社説明会・就職面接会など

STEP3:中小企業に就職した学生の定着に向けた取り組み
・新入社員研修・基礎的技術研修など

この地域の大学生や高専生が、自分の将来を託す就職先として地域中小企業を
希望することが普通になるような状況をめざして進めてまいりますので、皆様の
ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
それでは、HMSメールマガジン8月号をお届けいたします。

★ 【2】茨城大学シーズ紹介 ★

■ 今月は無線通信技術に関する茨城大学出願特許をご紹介致します。

 1.〔発明の名称〕 無線通信システム、無線通信システムの周波数および
         帯域可変方法、送信装置、受信装置

   特許出願番号:特許第5046160号

  〔要約〕 送受信信号の帯域および周波数を可変できると共に、送信信号の
      PAPRを小さくし、電力増幅器を小さなバックオフで利用可能とし、
      また、隣接チャネルからの干渉信号による伝送品質劣化を除去する 

  詳細は http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/tokkyo/p031.pdf を参照下さい。

 2.〔発明の名称〕 ディジタル無線通信装置

  特許出願番号:特許第5196404号

  〔要約〕 隣接チャネルへの与干渉を低減し、柔軟にシンボル速度を設定可能とする。

   詳細は http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/tokkyo/p053.pdf  を参照下さい。

  その他にも茨城大学では多くの特許を出願しております。
  公開特許は茨城大学のホームページに掲載しています。
  http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/patent-list.html
  
  茨城大学ではこれらの特許を企業の皆様にご活用頂ける機会を探しております。
  これらの特許に関心がございましたら、どうぞ下記窓口までご連絡下さい。
   茨城大学 産学官連携イノベーション創成機構 知的財産部門
   〒316-8511 日立市中成沢町4-12-1
   Tel : 0294-38-7281 Fax : 0294-38-5240
   E-mail: chizai@ml.ibaraki.ac.jp

★ 【3】重要なお知らせとお願い ★

■ひたちものづくりサロン(HMS)では年次総会を10月11日(金)に開催いたします。
その際に、会則第24条により今年度の会員名簿を発行・配布する予定です。

この名簿は、会員間の相互連絡の便に供することを目的として、
①所属(企業名等)②氏名③役職④連絡先(TEL・FAX・メールアドレス)
⑤所属グループ(アクア・塑性加工・ライフサポート・ひたちITフォーラム)
を記載する予定です。

このことに関しまして、会員様の事前承諾を得ると共に最新の情報を確認させて
いただきたく、後日HMS事務局より各企業・機関の代表者様宛にメールをお送り
させていただきたいと思いますので、御返信いただきますようお願い致します。

その際、配布名簿への記載を希望されない方は、返信の際にその旨ご連絡いた
だけますようお願い致します。尚、名簿の発行はその利用目的を考慮し、配布名簿へ
の記載を承諾いただいた方のみを対象とさせていただきますので予めご了承願います。

★ 【4】イベント情報掲示板 ★

■FMひたち番組「ぴたっとラジオン」
 〔8月~9月の放送予定〕82.2MHz
・8月15日(木)  19:00~19:30
 茨城キリスト教大学ICメディア編集部の皆様
・8月22日(木)  19:00~19:30
 機械工学科 尾関先生へのインタビュー(1)
・8月29日(木)  19:00~19:30
 機械工学科 尾関先生へのインタビュー(2)
・9月 5日(木)  19:00~19:30
 日立精錬株式会社 煙山社長へのインタビュー(1)
・9月12日(木)  19:00~19:30
 日立精錬株式会社 煙山社長へのインタビュー(2)

■「ひたちものづくりフォーラム2013」のご案内
 【日時】平成25年10月11日(金) 14:00~
 【場所】ホテルテラスザスクエア日立
  ・ひたちものづくりサロン年次総会
  ・ひたちものづくりフォーラム
 詳細につきましては、後日配信致します。

■「イノベーションジャパン2013」に出展します!
 【日時】平成25年8月29日(木)~30日(金)
 【場所】東京ビッグサイト
 本学から、2テーマ出展します。
 1.自然エネルギー関連:工学部 稲垣先生
 2.プログラミング開発環境関連:工学部 畠山先生

 是非、会場にお越しください。 
 詳細や見学お申し込みは、以下のサイトからお願いします。
 http://www.innovation-japan2013.jp/
 
■「ものづくり基礎理論講座」を受講料無料で開催します!
 【日時】平成25年8月27日(火)~9月20日(金)
 【場所】全講座 茨城大学工学部E3棟(一部N5棟)
1.電子回路設計の基礎 8/27~9/17(3回)
2.電気回路設計の基礎 8/29~9/13(3回)
3.材料力学と応力解析の基礎 9/11~9/12(2回)
4.加工技術の基礎 9/18~9/20(3回)

 詳細・お申し込みは、http://www.rd.ibaraki.ac.jp/をご覧ください。

★ 【5】HMS賛助会員数報告 ★

 賛助会員の募集を開始してから現在までに17社からのお申込みをいただいて
おります。
 皆様の浄財を少しでも地域活性化に活かす為、賛助会員費(一口2万円)を
1社でも多くご協力頂きたくお願い申し上げます。
 また、昨年ご入会いただいた賛助会員様には今年度分請求書を送付させていた
だいております。
 今年度も当サロンへのご指導・ご協力をよろしくお願いいたします。

■HMS賛助会入会のメリット
 1.産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンス
   が増大します。
 2.大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。
 3.コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決
   されます。
 4.賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引特典
   があります。
 5.賛助会員の企業・団体には茨城大学より参画官連携に関するシーズ集、
   広報誌ほかをお届けします。

■加入申込み・問合せ先
 茨城大学産学官連携イノベーション創成機構 産学連携室内 HMS事務局
 TEL:0294(38)5005
  
 詳細は下記ホームページをご覧ください。
 http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/index.html#about

★ 【6】編集後記 ★

 今から20年近く前の8月の休日、まだヨチヨチ歩きだった息子の手を引いて、
近くの公園に散歩に行くと、真夏の太陽とあふれるセミの鳴き声の中で、小学校
高学年から中学生くらいの「大きいお兄ちゃん」たちが、あちこちで4~5人のグ
ループを作り、額を寄せ合って “対戦ゲーム“に熱中していました。
最近の子供は夏休みにセミ取りもしないのか、と思いつつ手近の木の幹を見ると、
いるいる。そおっと手を伸ばして、ゲット! そばにいた6年生くらいの男の子に
「ほら、ツクツクボウシだよ」と見せてあげると、咎めるような目でこっちを見て、
「命は大切にしなきゃいけないんだよ!」
なるほど、今はそういうことになっているのか、と納得したような、腑に落ちない
ような気持ちで、そそくさと息子を連れて公園を後にしました。命を大事にする、平和な
世の中になってくれることを願いつつ・・・
<後日談>
先日、すっかりデカくなった件の息子に、この思い出話を聞かせたところ、
「セミとかどうでもいいけどね、今どき知らないよその子に声掛けたりしたら、警察に
通報ものだよ。」
ダメだこりゃ・・・・
 
HMS幹事
日立地区産業支援センター(HITS) 
田中 正浩

★ 【7】事務連絡 ★

■本メールマガジンにてHMS会員様向けに周知したい案をお持ちの事業者様は
是非、下記メールアドレス宛にご連絡ください。

 HMS事務局:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp


■HMSのホームページから、ひたちものづくりサロンメールマガジンのバック
ナンバーが確認できます。
皆様、ぜひご活用くださいませ。
※アクセスには参照用(下記)のID・パスワードが必要になります。

 ID:hms-mail
 Pass: maga2012

HMSメールマガジンバックナンバー
URL:http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/back/backtop.html

このページの先頭へ