メールマガジン 第21号

ひたちものづくりサロン メールマガジン ◇第21号 2013/7/10発行

********* 今 月 号 の 目 次 **********
【1】今月のトピックス
【2】副会長交代について
【3】茨城大学シーズ紹介
【4】イベント情報掲示板
【5】HMS賛助会員数報告
【6】編集後記
【7】事務連絡

★ 【1】今月のトピックス ★

1.今月のトピックス  タイトル:就活における見合いと恋愛について

 7月4日放送のFMひたち「ぴたっとラジオン」の中で、ご出演いただいた
某社長が、同社の採用方針として原則としてインターン経験者を優先している
と話していた。その理由は、大学のカリキュラムとしてのインターンシップでも
一般的な学生アルバイトの形でも構わないが、就職前に会社の一員として一緒に
働く経験を通じて会社と学生の「交際期間」が長くなりお互いの理解を深めるこ
とが可能で、相性が合うかどうか採用する前に知ることができるためとのこと。
これは学生から見ても同様であろう。結婚に例えれば、お互いに知り合う形の違い
から一般に恋愛結婚(交際結婚)とお見合い結婚に大別されるが、インターンを
経由した就職、採用は前者に分類される。一方で、一般の就活はエントリーシートを
提出してから入社試験、面接を経て採用が決まることからお見合い結婚に近いと考え
られる。もちろん、結婚は男女双方の合意が前提であるのに対し、就職、採用を決め
るのは会社側の一方的な意思によるため単純に比較することには無理があるだろう。
しかしながら、現在の学生は学部3年、あるいは大学院1年から就活を開始し、内定
を取るために多くの企業にエントリーシートを提出し、何十社も受けることが多いと
聞くと、お見合いばかりしていても本命の相手を見つけられないのではないかという
危惧とともに学生として落ち着いて勉強できるのだろうかという素朴な疑問を禁じえ
ない。
 産学官連携のあり方を考えるとき、「学」の中に大学が持つシーズだけでなく学生の
存在を正面から捉える必要があるだろう。その中で期待されるソリューションの一つに
学生の就活環境の改善があるのではなかろうか。具体的には、遠くの会社、大きな会社
との「お見合い」の回数を増やすよりも近くの会社との「恋愛」「交際」のチャンス、
期間を増やすべきではないかと思う。その為には現在いろいろな形でインターンシップ
制度が整備されつつあるが、それに限らず将来の採用を睨んだ学生アルバイトでも構わ
ないのはないか。
 大学は来月から約2ヶ月の夏休みに入るが、地元の企業各位には積極的に学生と「恋愛」
「交際」し、一つでも多くの「夏の日の恋」が実れば、と祈願する次第である。

★ 【2】副会長交代について ★

■ものづくりサロンの副会長が交代いたしましたのでお知らせいたします。
 新副会長 煙山弘氏(日立経営者研究会 会長)
 新副会長 周立波氏(茨城大学イノベーション創成機構 副機構長)

★ 【3】茨城大学シーズ紹介 ★

■ 今月は光ファイバー関係に関する茨城大学出願特許をご紹介致します。

1.〔発明の名称〕光ファイバを用いた歪・温度の分布測定法及び測定装置 

  特許出願番号:特許第4441624号

 〔要約〕歪や温度変化を光ファイバの軸方向にわたる分布状態として実用的で
高精度にかつ長距離測定できる光ファイバを用いた歪・温度の分布測定方法を
提供する。 

詳細は http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/tokkyo/p028.pdf を参照下さい。

その他にも茨城大学では多くの特許を出願しております。
公開特許は茨城大学のホームページに掲載しています。
     http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/patent-list.html

茨城大学ではこれらの特許を企業の皆様にご活用頂ける機会を探しております。
これらの特許に関心がございましたら、どうぞ下記窓口までご連絡下さい。
  茨城大学 産学官連携イノベーション創成機構 知的財産部門
  〒316-8511 日立市中成沢町4-12-1
  Tel : 0294-38-7281 Fax : 0294-38-5240
  E-mail: chizai@ml.ibaraki.ac.jp

★ 【4】イベント情報掲示板 ★

■FMひたち番組「ぴたっとラジオン」
 〔7月~8月の放送予定〕82.2MHz
・7月11日(木)  19:00~19:30
 株式会社ユニキャスト 三ツ堀社長へのインタビュー(2)
・7月18日(木)  19:00~19:30
 情報工学科 石田先生へのインタビュー(1)
・7月25日(木)  19:00~19:30
 情報工学科 石田先生へのインタビュー(2)
・8月1日(木)  19:00~19:30
 株式会社サンメック  佐藤社長へのインタビュー(1)
・8月8日(木)  19:00~19:30
 株式会社サンメック  佐藤社長へのインタビュー(2)

■研究シーズ発表会「金属材料工学の基礎と加工への応用」
 (茨城県中小企業振興公社との連携企画)
【日時】平成25年7月31日(水) 13:50~16:00
【場所】茨城大学工学部N5棟204号室
【内容】工学部機械工学科の伊藤吾朗教授が、アルミニウム合金の特徴、
  その塑性加工・接合に関する特性についてわかりやすく解説します。
【詳細・お申込み】http://www.iis-net.or.jp/oshirase/0731seeds.pdf
【お問い合わせ】茨城県中小企業振興公社 知的所有権グループまで
         http://www.iis-net.or.jp/

★ 【5】HMS賛助会員数報告 ★

 賛助会員の募集を開始してから現在までに17社からのお申込みをいただいて
おります。
 皆様の浄財を少しでも地域活性化に活かす為、賛助会員費(一口2万円)を
1社でも多くご協力頂きたくお願い申し上げます。
 また、昨年ご入会いただいた賛助会員様には今年度分請求書を送付させていた
だいております。
 今年度も当サロンへのご指導・ご協力をよろしくお願いいたします。

■HMS賛助会入会のメリット
 1.産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンス
   が増大します。
 2.大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。
 3.コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決
   されます。
 4.賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引特典
   があります。
 5.賛助会員の企業・団体には茨城大学より参画官連携に関するシーズ集、
   広報誌ほかをお届けします。

■加入申込み・問合せ先
 茨城大学産学官連携イノベーション創成機構 産学連携室内 HMS事務局
 TEL:0294(38)5005
  
 詳細は下記ホームページをご覧ください。
 http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/index.html#about

★ 【6】編集後記 ★

 どういうわけか、例年より2週間も早く梅雨が明けました。7月上旬から
各地では真夏日となっているそうで、今年の夏はどこまで暑くなるのかと
ため息が出そうです。某メディアによると気温が1度上昇すると何千億もの
経済効果が見込めるそうで、アベノミクス効果も重なって何としても景気が
本当に上向くことを期待したいものです。巷では参議院選挙の真っ最中であり、
与野党ともに活発な論戦を展開しています。一般庶民としては、とにもかくにも
今度こそ与野党の足の引っ張り合いに終止符を打ち、即断即決が可能な政治体制
を作り、大都会だけでなく近隣地域にも諸施策の恩恵が及び地元経済が活性化する
ことを祈りたいと思います。

ひたちものづくりサロン代表幹事 太田秀夫

★ 【7】事務連絡 ★

■本メールマガジンにてHMS会員様向けに周知したい案をお持ちの事業者様は
是非、下記メールアドレス宛にご連絡ください。

 HMS事務局:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp


■HMSのホームページから、ひたちものづくりサロンメールマガジンのバック
ナンバーが確認できます。
皆様、ぜひご活用くださいませ。
※アクセスには参照用(下記)のID・パスワードが必要になります。

 ID:hms-mail
 Pass: maga2012

HMSメールマガジンバックナンバー
URL:http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/back/backtop.html


***********************************************************
発行者:ひたちものづくりサロン事務局
茨城大学 産学官連携イノベーション創成機構 産学連携室
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
TEL: 0294-38-5005 FAX: 0294-38-5240
E-mail: hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
※このメールマガジンの回覧・転送は自由です。内容の引用・
転載の際には、「ひたちものづくりサロンメールマガジン
○年○月○日発行分の記事」と注釈を入れてください。
なお、メールマガジンで参照しているWebサイトのすべての
画像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作者の
許可なく使用・転載することはできません。
■本メールマガジンのバックナンバーはひたちものづくりサロンの
ホームページ上で公開しています。
■配信の解除、配信先の変更は下記事務局までメールでお知らせください。
hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
***************************************************

このページの先頭へ