メールマガジン 第16号

ひたちものづくりサロン メールマガジン ◇第16号 2012/2/12発行

********* 今 月 号 の 目 次 **********
【1】今月のトピックス
【2】茨城大学シーズ紹介
【3】イベント情報掲示板
【4】HMS賛助会員数報告
【5】編集後記
【6】事務連絡

【1】   ★ 今月のトピックス ★

  本メールマガジンをご覧の皆さん,こんにちは!
 立春も過ぎ,4月の陽気などと暖かい日もあったかと思うと今度は雪に見舞われたり,目まぐるしく変わる天候に翻弄された方も多かったのではないでしょうか。
でも,朝晩の冷え込みも峠を越えたようで,春がそこまでやってきているように思われます。

  目まぐるしいのは天候だけでなく,株価や為替レートも大きく動いています。先日トヨタ自動車は最近の円安傾向が輸出の採算改善につながるとして,2013年3月期連結決算の見通を修正し,営業利益を12年11月時点より1000億円ほど引き上げました。日本の大手企業が早く元気になって,地域経済を牽引してくれることを期待します。
  現在,国では平成24年度補正予算・平成25年度当初予算等で,多くの経済対策事業を提案しています。概要等は各省庁のHPなどでご確認ください。今回,そのなかから「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金(経済産業省)」についてお知らせします。

  この補助金は中小企業者等の新たなチャレンジや現在抱えている課題解決を行うための試作開発や設備投資に要する経費の補助を行うものです。補正予算要求額は1,007億円,補助率2/3です。機械装置の購入や補助事業に従事する人件費も補助対象になる見込みです。
  公募要項などがまだ示されておりませんので,今後の申請スケジュール等詳細は不明ですが,アイデアのお持ちの方は,是非お近くの産業支援機関にご相談されることをお勧めいたします。

 では,引き続きひたちものづくりサロンメールマガジン 第16号をご覧ください。

【2】   ★ 茨城大学シーズ紹介 ★

■ 今月は化学物質材料及びその製造法に関する茨城大学出願の特許2件をご紹介致します。
・〔発明の名称〕 新規な含フッ素重合体、その重合体の製造法
           および1,6―ジエン型エーテルの製造法
  特許第4399608号
 〔要約〕新規な含フッ素重合体、その重合体の製造法および
 その中間体である1,6-ジエン型エーテルの製造法を提供する。
  詳細は http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/tokkyo/p015.pdf を参照下さい。

・〔発明の名称〕 新規な含フッ素化合物、該含フッ素化合物の重合体の製造方法
           並びに該含フッ素化合物の重合体からなる光学素子、
           機能性薄膜及びレジスト膜
  特許出願番号:特願2010-197743  特許公開番号:特開2012-51863
 〔要約〕 原料として入手が容易なオクタフルオロシクロペンテンからの合成が
 可能であり、且つフッ素含有量が多い新規な含フッ素化合物、並びに
 該含フッ素化合物をラジカル重合して得られ、透明性が高く、汎用溶媒に
 溶解できる新規な重合体の製造方法並びに該含フッ素化合物の重合体
 からなる光学素子、機能性薄膜及びレジスト膜を提供する。
 詳細は http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/tokkyo/p100.pdf を参照下さい。

その他にも茨城大学では多くの特許を出願しております。
公開特許は茨城大学のホームページに掲載しています。
     http://www.rd.ibaraki.ac.jp/titeki/patent-list.html
茨城大学ではこれらの特許を企業の皆様にご活用頂ける機会を探しております。
これらの特許に関心がございましたら、どうぞ下記窓口までご連絡下さい。
 茨城大学 産学官連携イノベーション創成機構 知的財産部門
 〒316-8511 日立市中成沢町4-12-1
  Tel : 0294-38-7281 Fax : 0294-38-5240
  E-mail: chizai@ml.ibaraki.ac.jp

【3】   ★ イベント情報掲示板 ★

■FMひたち番組「ぴたっとラジオン」
 〔2月~3月の放送予定〕82.2MHz
・2月12日(火) 18:00~18:30
 株式会社ティー・エム・ピー 高橋社長へのインタビュー(2)
・2月19日(火) 18:00~18:30
 大学院理工学研究科 友田先生へのインタビュー(1)
・2月26日(火) 18:00~18:30
 大学院理工学研究科 友田先生へのインタビュー(2)
・3月 5日(火) 18:00~18:30
 株式会社小峰製作所 小峰社長へのインタビュー(1)
・3月12日(火) 18:00~18:30
 株式会社小峰製作所 小峰社長へのインタビュー(2)

■平成24年度茨城県産学官合同成果発表会のご案内
 【日時】平成25年2月14日(木) 10:00~17:00
 【場所】茨城県工業技術センター
 【詳細】http://www.rd.ibaraki.ac.jp/

■平成24年度 首都圏北部4大学連合(4u)産学官連携事例講演会
 ―地域企業の国際化対応‐大学はどう使えるか!―
 【日時】2013年2月21日(木) 13:00~17:00
 【場所】茨城大学 水戸キャンパス 茨苑(しえん)会館2階
 【詳細】http://www.rd.ibaraki.ac.jp/top/20130221-4u-2.pdf

■産学官金連携事業講演会
【山梨大学・山梨中央銀行による先進事例紹介】
 【日時】2013年2月21日(木) 15:00~17:00 交流会17:00~19:00
 【場所】ホテル天地閣
 【主催】日立商工会議所工業部会 ひたちものづくり協議会 
        ひたちものづくりサロン 
 【後援】 日立商工会議所金融財務業部会

 産学官金連携事業おいて全国的にも注目され多くの連携事例を持つ山梨大学並びに山梨中央銀行から講師を迎え研修会を開催いたします。
『ひたち版産学官金連携』による業界の交流促進、そこから生まれる新しい販路を見出し、業界の活性化と成長を遂げるため、また技術革新や経営革新への取組にも活かすことができる内容のご紹介をいただきます。
是非ご参加いただきたくご案内申し上げます。
【詳細】http://www.rd.ibaraki.ac.jp/top/20130221salon.pdf
  
■茨城大学工学部 塩幡教授最終講義・祝賀会のご案内  <最終講義>
  【日時】2013年3月1日(金) 15:00~16:30
  【場所】茨城大学工学部 E5棟8Fイノベーションスペース
  【題目】「産と学の41年を振り返って ~振動・音響の理論と実用化の架け橋~」
 <祝賀会>
  【日時】最終講義後の17:30~19:30
  【場所】ホテル天地閣
  【会費】6,000円(二次会にもご参加の場合8,000円)

  前共同研究開発センター(現産学官連携イノベーション創成機構)センター長で、茨城大学 工学部教授 塩幡 宏規 先生は、平成24年3月末日を持ちましてご退職されることとなりました。
先生はセンター長時代(2004年~2010年)にものづくり協議会、ものづくりサロンの会長を務められ、産学官連携の推進にご尽力いただきました。
  このたび、最終講義を開催いたしますので、これまで塩幡先生と交流がありましたHMS会員の皆様にご連絡いたします。なお、講義後、天地閣にて祝賀会を計画しております。
  ご参加をご希望される方は、お手数ですが下記フォーマットにご記入の上、幹事までご連絡下さい。ご連絡いただいた方宛に後日、詳細な連絡をお送りいたします。
    幹事:道辻(mitituji@mx.ibaraki.ac.jp
    申込期限 2月15日(金)
  
   <申し込みフォーマット>
  *****************************************
  ・氏名:
  ・所属:
  ・メールアドレス:
  ・最終講義: 参加/不参加
  ・祝賀会: 参加/不参加
  *****************************************

このページの先頭へ

【4】★ ひたちものづくりサロン(HMS)賛助会員入会のご案内 ★

 賛助会員は24年度に入ってから5社よりお申し込みを頂き、現在17社となりました。
  皆様の浄財を少しでも地域活性化に活かす為、賛助会員費(一口2万円)を1社でも多くご協力頂きたくお願い申し上げます。
  また、賛助会員の皆様には、今年度分会費をお納めいただき誠にありがとうございます。
  引き続き当サロンへのご指導・ご協力、よろしくお願いいたします。

■HMS賛助会入会のメリット
  1.産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンスが増大します。
  2.大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。
  3.コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決 されます。
  4.賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引特典 があります。
  5.賛助会員の企業・団体には茨城大学より参画官連携に関するシーズ集、 広報誌ほかをお届けします。

■加入申込み・問合せ先
 茨城大学産学官連携イノベーション創成機構 産学連携室内 HMS事務局
 TEL:0294(38)5005
  
 詳細は下記ホームページをご覧ください。
 http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/index.html#about

【5】   ★ 編集後記 ★

 第2期ひたちものづくりサロンメールマガジン第16号いかがでしたでしょうか?
メルマガについて皆さまのご意見をいただければ幸いです。
 さて,先月の大雪では県内の交通は麻痺状態になり,県庁周辺の道路も1日中車の列が続いていました。先日の雪は予報ほどの大雪にならず「ホッ」としましたが,首都圏では電車を間引き運転したため,多くの通勤・通学客に影響がでて混乱したそうです。
  地震や津波などの対策は各方面で進められておりますが,皆さま,雪対策もお忘れの無ように!!
  水戸では,平成25年2月20日(水)~平成25年3月31日(日)に梅まつりが開催されます。早春にちらほらと咲き出す花々やその香りを楽しみに是非お出かけください。

HMS幹事
茨城県商工労働部産業技術課
高野 佳樹

【6】      ★ 事務連絡 ★

■本メールマガジンにてHMS会員様向けに周知したい案をお持ちの事業者様は是非、下記メールアドレス宛にご連絡ください。

 HMS事務局:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

■HMSのホームページから、ひたちものづくりサロンメールマガジンのバック
ナンバーが確認できます。
皆様、ぜひご活用くださいませ。
※アクセスには参照用(下記)のID・パスワードが必要になります。
※今年度よりパスワードが変更になりました。

 ID:hms-mail
 Pass: maga2012

HMSメールマガジンバックナンバー
URL:http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/back/backtop.html

***********************************************************
発行者:ひたちものづくりサロン事務局
茨城大学 産学官連携イノベーション創成機構 産学連携室
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
TEL: 0294-38-5005 FAX: 0294-38-5240
E-mail: hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
※このメールマガジンの回覧・転送は自由です。内容の引用・
転載の際には、「ひたちものづくりサロンメールマガジン
○年○月○日発行分の記事」と注釈を入れてください。
なお、メールマガジンで参照しているWebサイトのすべての
画像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作者の
許可なく使用・転載することはできません。
■本メールマガジンのバックナンバーはひたちものづくりサロンの
ホームページ上で公開しています。
■配信の解除、配信先の変更は下記事務局までメールでお知らせください。
hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
***************************************************

このページの先頭へ