メールマガジン 第11号

ひたちものづくりサロン メールマガジン ◇第11号 2012/9/10発行

********* 今 月 号 の 目 次 **********
【1】 今月のトピックス
【2】 茨城大学シーズ紹介
【3】 イベント情報掲示板
【4】 HMS賛助会員数報告
【5】 編集後記
【6】 事務連絡

【1】   ★ 今月のトピックス ★

「猛暑の季節も終わり」といいたいところですが、まだまだ連日暑い日が続いております。この夏、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、続いているのは暑い日だけで、毎夜テレビ応援が続いたオリンピックが終わり、子どもたちは夏休みを終え、集団登校の小学生、部活で真っ黒に日焼けした中学生、進学や就職に向けて準備を進める高校生や大学生が日常へと戻り、それぞれの目標に向かって、また頑張りはじめたようです。

そんな子どもたちに、我々が道筋を立ててあげることを考えながら、連携活動に臨む事は、更なる連携の原動力につながるような気がします。最近お会いした、ある会社の役員さんは、「我々も本当に困っているけど、これからは若い人達が生きる道筋を立ててあげることが、私達の役割ですね。」と言っていました。高齢化と少子化が進み、国内の生産人口が減少していくことは容易に考えられます。

そのような中で、今、頑張っている子供達が、将来、安全・安心に暮らせるような地域環境と産業を準備する努力をしなければならないと思います。ですが、その役員さんはこうも言っていました。「大震災を経験した多くの子どもたちは、辛い経験をした分、とてもしっかりしている。私たちが出来ることを、毎日真面目に取組めば、あとはその子どもたちが支えてくれそうな気がする。」と。
産学官金の連携は、将来の暮らしづくりに欠かせない活動にしなければなりませんが、このサロンの大きな特徴でもある「学生との交流」は大事にしていきたい活動だと改めて感じました。

それでは、HMSメールマガジン第11号をお届けいたします。

【2】 ★ 茨城大学シーズ紹介 ★ 

■【タイトル】
「検索暗号システムにおけるクラウドサーバ不正検出方式の研究開発」

【概要】
文書、写真等をインターネット上に保管するクラウド・ストレージ・サービスは 既にGoogleなどによって実用化されている。これらのサービスにおいては、自治体クラウドの例をみてもわかるように、保管データの暗号化が重要である。 さらにクライアントが検索キーワードも秘密にしたままキーワード検索を行うことができるような暗号システムを、検索暗号システムという。このとき不正なサーバは、ファイルを改ざんしたり、削除したり、すり替えたりといった不正行為を行うことが考えられる。本研究では、クライアントがサーバの不正を検出できる手法を世界で初めて開発した。また本手法を実装した評価システムを作成し、所望の機能を有することを確認した。

【担当】
情報工学科 黒澤馨教授 大瀧保広准教授

このページの先頭へ

【3】 ★ イベント情報掲示板 ★

■FMひたち番組「ぴたっとラジオン」
 〔9月の放送予定〕82.2MHz
  ・9月11日(火) 18:00~18:30   「そうだ、教授になろう」 米倉新工学部長へのインタビュー(2)
  ・9月18日(火) 18:00~18:30   「そうだ、社長になろう」 HMS友部会長へのインタビュー(1)
  ・9月25日(火) 18:00~18:30   「そうだ、社長になろう」 HMS友部会長へのインタビュー(2)

■県北地域産業活性化と震災復興のためのシンポジウム
【日程】2012年9月28日(金)13:30~16:30 ※事前参加申込み不要
【場所】茨城キリスト教学園 ローガン・ファックス記念講堂 
【問合せ先】茨城キリスト教大学経営学部     
【詳細】http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/event/20120928.pdf

■ものづくり中核人材育成講座
【日程】2012年 8月23日(金)~ 10月 6日(土)
   受講申し込みを受け付けている講座もあります。
   是非内容をご覧いただき多くの方に受講していただきたいと思っています。
   下記詳細をご覧ください。
【場所】全講座 茨城大学工学部 E3棟 (一部 N5棟) 
【申込先】〒316-8511
     日立市中成沢町4-12-1
     茨城大学 産学官連携イノベーション創成機構
     ものづくり中核人材育成事業事務局
      Tel:0294-38-7451
     Fax:0294-38-7092
     Mail:s.suzuki@mx.ibaraki.ac.jp
【詳細】http://www.rd.ibaraki.ac.jp/index.html

■学理に基づく高機能材料と塑性加工の高度技術者養成講座
【日程】2012年10月18日(木)~12月 6日(木)の期間で合計8回
    受講料は無料です。下記詳細をご覧下さい。
【場所】茨城大学工学部 N5棟
【問合せ・申込先】茨城大学 産学官連携イノベーション創成機構
         Tel:0294-38-7451
         Fax:0294-38-7092
         Mail:s.suzuki@mx.ibaraki.ac.jp
【詳細】http://www.rd.ibaraki.ac.jp/index.html

■第24回スーパーヒッツクラブ産学連携交流会
【日程】2012年9月21日(金)18:00~20:00(受付は17:30から)
【場所】日立地区産業支援センター 第2、第3研修室
【詳細】http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/event/20120921hits.pdf

■茨城大学工学部研究室訪問交流会
【日程】2012年10月3日(水)13:30~18:00
【場所】茨城大学工学部 E5棟 8階(イノベーションルーム)
【詳細】http://www.rd.ibaraki.ac.jp/top/121003.pdf

このページの先頭へ

【4】 ★ ひたちものづくりサロン(HMS)賛助会員入会のご案内 ★

賛助会員は24年度に入ってから5社よりお申し込みを頂き、現在17社となり ました。
皆様の浄財を少しでも地域活性化に活かす為、賛助会員費(一口2万円)を1社でも多くご協力頂きたくお願い申し上げます。
また、賛助会員の皆様には、今年度分会費をお納めいただき誠にありがとうございます。

引き続き当サロンへのご指導・ご協力、よろしくお願いいたします。

■HMS賛助会入会のメリット
 1.産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンスが増大します。
 2.大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。
 3.コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決されます。
 4.賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引特典があります。
 5.賛助会員の企業・団体には茨城大学より参画官連携に関するシーズ集、広報誌ほかをお届けします。

■加入申込み・問合せ先
 茨城大学産学官連携イノベーション創成機構 産学連携室
 TEL:0294(38)5005
 詳細は下記ホームページをご覧ください。
 http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/index.html#about

このページの先頭へ

【5】 ★ 編集後記 ★

最後までお読みいただきありがとうございました。

さて、「ものづくりサロン」では9月4日(火)午後6時から、「FMひたち」への番組提供がはじまりましたが、お聴きになりましたか。
次回は、明日9月11日(火)午後6時から82.2MHzでの放送となります。ここでも、茨城大学工学部の学生が大活躍しています。このつながりを、大事にしたいですね。

HMS幹事
日立商工会議所
鈴木 聡司 

このページの先頭へ

【6】 ★ 事務連絡 ★

■本メールマガジンにてHMS会員様向けに周知したい案をお持ちの事業者様は 是非、下記メールアドレス宛にご連絡ください。
  HMS事務局:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

■HMSのホームページから、ひたちものづくりサロンメールマガジンのバック ナンバーが確認できます。
皆様、ぜひご活用くださいませ。
※アクセスには参照用(下記)のID・パスワードが必要になります。
※今年度よりパスワードが変更になりました。
  ID:hms-mail
  Pass: maga2012
  HMSメールマガジンバックナンバーURL:http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/back/backtop.html

発行者:ひたちものづくりサロン事務局 茨城大学 産学官連携イノベーション創生機構 産学連携室
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
TEL: 0294-38-5005 FAX: 0294-38-5240 E-mail: hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
※このメールマガジンの回覧・転送は自由です。内容の引用・ 転載の際には、「ひたちものづくりサロンメールマガジン ○年○月○日発行分の記事」と注釈を入れてください。 なお、メールマガジンで参照しているWebサイトのすべての 画像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作者の 許可なく使用・転載することはできません。

■本メールマガジンのバックナンバーはひたちものづくりサロンの ホームページ上で公開しています。

■配信の解除、配信先の変更は下記事務局までメールでお知らせください。 hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

このページの先頭へ