メールマガジン 第9号

ひたちものづくりサロン メールマガジン ◇第9号 2012/7/10発行

********* 今 月 号 の 目 次 **********
【1】 今月のトピックス
【2】 イベント情報掲示板
【3】 H24年度HMS会員名簿について
【4】 HMS賛助会員数報告
【5】 編集後記
【6】 事務連絡

【1】   ★ 今月のトピックス ★

地域メディアとの連携
 文月(7月)を迎え、今年も折り返しを過ぎましたが皆様には如何お過ごしでしょうか。 今年の七夕は生憎の雨模様でしたが、天の川をはさんだ逢瀬はどうなったことでしょうか。
梅雨明けももう間近に迫り、夏休みの計画を色々考えられている方も多いかと思います。
さて、昨年10月に再出発したひたちものづくりサロン(HMS)も第2年度に入り、 6月22日(金)に友部会長をはじめ全役員出席のもとで今年度の第1回役員会を開催しました。
その中では、昨年度の事業報告、今年度の事業計画の考え方が議論されました。 その内容については来るべきひたちものづくりフォーラムと同日開催されるHMS年次総会にてご報告申し上げますが、 ここではそのさわりについてご紹介したいと思います。

再出発後のHMSでは従来のグループ活動に加え、全体活動を新たに始め、 その一環としてこのメールマガジンの定期発行も行って来ました。
しかしながらもう一歩、更なる活性化に向けて活動の幅を広げて行こうといろいろ考えている中で、 たまたま茨城大学工学部のオープンキャンパスの実況中継を、ラジオ局である 「FMひたち」が行うことを知り、 私も工学部構内に設けられたサテライトスタジオで中継の模様を見学しました。
既にご存知の方も多いと思いますが、FMひたちは平成10年2月に開局し、 82.2MHz帯で毎日いろいろなパーソナリティが登場して楽しい番組を提供 しています。 FMひたちのアンテナは日立市内の鞍掛山に設置されており、北は北茨城から南 は水戸市北部まで電波が届きます。 番組のコンテンツは地域に根差した情報が多く盛り込まれ、自動車を運転しなが ら聴く番組としては非常に身近に感じます。 また、ラジオ放送だけでなく、日立銀座通りの真ん中に「よって家fm」という 施設を持ち、多目的で利用可能です。
(FMひたちURL:http://www.hfm.or.jp/ 参照)

HMS役員会で議論されたのは、せっかく地域メディアとしてFMひたちが頑張 っているのだから、 産学官金連携の活動の場としても積極的に関われないか、そしてうまく連携できないかということです。
HMSとしての狙いはその知名度向上と「産」の活性化です。地域経済の好転、 企業自身の体力強化が必要条件となりますが、 一方で「産=経営者+従業員=地域住民」であるとの視点に立ち、「産」と地域 住民、若い人たちとの距離感を縮めることが必要ではないか、 そのためにFMひたちが提供する地域住民を結ぶ空間の中に「産」が入り込む隙 間を持ちたいということです。 具体的な活動については未だ検討中ですが、次のような案が出されました。

①よって家fmの施設を利用したHMSサテライトオフィスの定期開設
 例えば大学教員がいろいろな分野での旬な話題について、退勤後のリラックス した雰囲気の中で出前講座を開設するとか、 学生や社会人が独自に企画するイベントなど
②FMひたち番組へのスポンサーとしての参画
 FMひたちの秋の番組改編に合わせ、産学官連携の趣旨を備えつつ一般聴取者から受け入れられそうな番組づくりへの協力と 社長インタビューなどでの出演、そしてスポンサーとして参画など
 今後、更に検討を深めて参りますが、一つの方向性としてご紹介させて頂きます。

【2】 ★ イベント情報掲示板 ★

■ひたちサンドアートフェスティバル2012
  【日時】2012年7月15日(土)10:00~22:00      
  【詳細】 http://www.hitachijc.or.jp/hitachi_sandart/index.html
  ※HMS会員様の中にも協賛企業・団体様多数有

■産学官金連携・4u 新技術説明会 「ひざづめミーティング」
  【日時】2012年7月19日(木)13:30~16:30
  【場所】常陽つくばビル10F (茨城県つくば市吾妻1-14 -2)
  【定員】先着56社 (参加費無料)
  【問合せ先】お近くの常陽銀行にて、お問い合わせください。
  【詳細】 http://www.rd.ibaraki.ac.jp/index.html

■まちづくり活性化セミナー
【日時】2012年7月24日(火)14:00~15:30
【場所】日立商工会議所会館4階
【詳細】 http://www.hitachicci.or.jp/seminar/index.html#seminar20120724

■ものづくり中核人材育成講座
【日程】2012年 8月23日(金)~ 10月 6日(土)
【場所】全講座 茨城大学工学部 E3棟 (一部 N5棟)
【申込先】〒316-8511
      日立市中成沢町4-12-1
      茨城大学 産学官連携イノベーション創成機構
      ものづくり中核人材育成事業事務局
      Tel:0294-38-7451
      Fax:0294-38-7092
      Mail:s.suzuki@mx.ibaraki.ac.jp
【詳細】 http://www.rd.ibaraki.ac.jp/index.html

このページの先頭へ

【3】★ H24年度HMS会員名簿の確認について ★

■H24年度HMS会員名簿について
先月末まで、H24年度HMS会員名簿への登録情報及び記載について 確認・ご連絡をお願いいたしましたが、お忙しい中ご協力いただいた皆様にはご協力感謝致します。

今回ご連絡いただいた情報にて、1年間管理させていただきます。
また、ご連絡のなかった団体様の情報につきましては、会員名簿への記載は控えさせていただきます。 会員名簿の発行は、その利用目的を考慮し、名簿に記載させていただいた方のみを対象とさせていただきますので予めご了承願います。

【4】 ★ ひたちものづくりサロン(HMS)賛助会員入会のご案内 ★

賛助会員は24年度に入ってから5社よりお申し込みを頂き、現在17社となり ました。
皆様の浄財を少しでも地域活性化に活かす為、賛助会員費(一口2万円)を1社でも多くご協力頂きたくお願い申し上げます。
また、賛助会員の皆様には、今年度分会費をお納めいただき誠にありがとうございます。

引き続き当サロンへのご指導・ご協力、よろしくお願いいたします。

■HMS賛助会入会のメリット
 1.産学官金各界関係者との人的ネットワークが広がり、ビジネスチャンスが増大します。
 2.大学の教員、学生(留学生含む)との交流機会が増えます。
 3.コーディネーターを介した技術相談・共同研究により企業の課題が解決されます。
 4.賛助会員の企業・団体の方はHMS主催の有料イベントの会費の割引特典があります。
 5.賛助会員の企業・団体には茨城大学より参画官連携に関するシーズ集、広報誌ほかをお届けします。

■加入申込み・問合せ先
 茨城大学産学官連携イノベーション創成機構 産学連携室
 TEL:0294(38)5005
 詳細は下記ホームページをご覧ください。
 http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/index.html#about

このページの先頭へ

【5】 ★ 編集後記 ★

先日、NHKのローカルニュースで、日立市内の写真同好会による日立シビック センターでの展示会の模様が紹介されました。
代表的な作品の紹介と展示会参加者のインタビューなどで時間的には1分強だっ たかと思いますが、 たまたま私の顔も一部写ってしまいました。そうすると後日多くの知人から、 「見たぞ」といわれ、 実は、、、と頭をかきながら何回も冷や汗をかくことになりました。
しかし、不思議に悪い気はしないもので、メディアに写る、あるいは出演すると いうことだけで、 いろいろな広がりが期待できるということを実感しました。
HMSとしても、何とか会員の皆様がわくわくするイベントの実現に向けていろいろ工夫していきたいと思います。 HMS活動の更なる活性化に向けて皆様からの忌憚のないご意見をお待ちしています。

HMS代表幹事 太田 記

このページの先頭へ

【6】 ★ 事務連絡 ★

■茨城大学ではメーリングリストサーバが新設され、 以前の管理方法(fml等)から Mailman になりました。
それに伴い、アドレスが メーリングリスト名@mx.ibaraki.ac.jp から メーリングリスト名@ml.ibaraki.ac.jp に変更になります。 (古いアドレスに送られたメールは、当分の間、新アドレスへ転送されます。)
前回より新メーリングリストにて配信しております。 当事務局のメーリングリストも変更になりますのでよろしくお願いいたします。
HMS事務局E-MAIL : hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

■本メールマガジンにてHMS会員様向けに周知したい案をお持ちの事業者様は 是非、下記メールアドレス宛にご連絡ください。
  HMS事務局:hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

■HMSのホームページから、ひたちものづくりサロンメールマガジンのバック ナンバーが確認できます。
皆様、ぜひご活用くださいませ。
※アクセスには参照用(下記)のID・パスワードが必要になります。
※4月よりパスワードが変更になりました。
  ID:hms-mail
  Pass: maga2012
  HMSメールマガジンバックナンバーURL:http://hms.rd.ibaraki.ac.jp/back/backtop.html

発行者:ひたちものづくりサロン事務局 茨城大学 産学官連携イノベーション創生機構 産学連携室
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町4-12-1
TEL: 0294-38-5005 FAX: 0294-38-5240 E-mail: hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp
※このメールマガジンの回覧・転送は自由です。内容の引用・ 転載の際には、「ひたちものづくりサロンメールマガジン ○年○月○日発行分の記事」と注釈を入れてください。 なお、メールマガジンで参照しているWebサイトのすべての 画像・記事については、著作権法に定める例外を除き、著作者の 許可なく使用・転載することはできません。

■本メールマガジンのバックナンバーはひたちものづくりサロンの ホームページ上で公開しています。

■配信の解除、配信先の変更は下記事務局までメールでお知らせください。 hms-jimukyoku@ml.ibaraki.ac.jp

このページの先頭へ